軍縮・不拡散促進センター(CPDNP)は、軍縮および大量破壊兵器の不拡散に対する取組みを強化・促進するために活動しています。
新着情報
CPDNPからのお知らせ
  • 【研究成果】

    平成25年度外務省委託研究「北東アジアにおける核リスクのマネージメント」研究会報告書(2014年3月)を当センターHP「研究報告書」に掲載しました。
    (2014/10/2)
  • 【お知らせ】

    8月12日付で樽井澄夫センター所長が着任いたしました(所長挨拶ご参照)。(2014/8/12)
  • 【ブログ開設のお知らせ】

    広島県委託事業の一環で、ブログ「Hiroshima Report Blog: Nuclear Disarmament, Nonproliferation and Nuclear Security」を開設致しました。(2013/7/26)
  • 【研究成果】

    当センターは、昨年度、広島県の「国際平和拠点ひろしま構想」の取組の一つとして、核軍縮に向けた各国の取組状況を調査・評価する「核不拡散条約(NPT)体制等貢献事業」を受託しました。その結果が「ひろしまレポート」として公表されました。(2014/4/7)
  • 【お知らせ】

    外務省HPに「核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究」についての報告書が発表されました。詳細は外務省HPをご覧ください。(2014/4/30)
過去のお知らせ一覧