CTBT
研究報告書|研究成果

「新たな宇宙環境と軍備管理を含めた宇宙利用の規制」研究会報告書

−平成21年度外務省委託研究−

2008年5月に宇宙基本法が成立し、翌年6月には宇宙基本計画が決定された。宇宙基本計画には、日本が安全保障目的を含め、一層積極的に宇宙開発・利用を推進する方針が示されている。他方で、国際的に見れば、「平和目的」の名の下で弾道ミサイル開発が行われ、衛星攻撃兵器(ASAT)など宇宙の兵器化のための施策が模索されている。宇宙における一定の軍備管理や枠組みの必要性が認識される一方で、それが日本(など)の正当な宇宙開発・利用活動、あるいは安全保障政策を阻害する可能性を持つものもある。

当センターでは平成19年度に「宇宙における軍備管理問題」に関する研究プロジェクトを実施し、主として法的・制度的な観点から、ジュネーヴ軍縮会議(CD)を中心に行われてきた宇宙軍備管理に関する議論を整理した。その研究成果を踏まえ、本研究では、日本の(安全保障目的を含む)宇宙開発・利用や安全保障政策などを勘案しつつ、日本のとるべきアプローチについて考察した。本報告書が今後のわが国の軍縮・不拡散政策、宇宙政策および安全保障政策に少しでも貢献できれば幸いである。

2010年3月
財団法人 日本国際問題研究所
軍縮・不拡散促進センター
所長 阿部 信泰

「新たな宇宙環境と軍備管理を含めた宇宙利用の規制」研究会報告書
(一括ファイル)
(2,670KB)
表紙 (64KB)
はしがき (352KB)
序章 宇宙利用の新たな動向 (1,944KB)
第1章 宇宙を巡る各国・地域の安全保障その他の主要政策 (13,451KB)
第2章 弾道ミサイル防衛と宇宙問題 (14,260KB)
第3章 安全保障・安全安心領域における宇宙能力の活用 (13,262KB)
第4章 スペースデブリ問題 (1,553KB)
補遺 宇宙活動の長期的持続性問題と技術開発および規制の枠組み (2,604KB)
第5章 宇宙の軍備管理、透明性・信頼醸成向上に関する既存の提案 (13,275KB)
第6章 紛争の回避・解決の枠組み (11,696KB)
第7章 宇宙活動に関する主要国の国内法制の整備 (12,370KB)
第8章 日本の宇宙政策・安全保障政策に寄与する形での宇宙に関するルール設計 (9,079KB)
以上のダウンロードファイルは全てPDFで提供しております。
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。