研究成果
ワーキングペーパー|研究成果
D-T強化型原爆と水爆について
2016年2月24日 小山 謹二
(528KB)
米露軍備管理の秩序維持機能と制度的脆弱性
2009年11月 戸崎 洋史
(303KB)
「START後継条約に関する合意」−米国にとっての意味と課題
2009年7月 戸崎 洋史
(228KB)
Japan's Policy for Global Non-Proliferation and Disarmament
2008年4月 須藤 隆也
(86KB)
Early Entry into Force of CTBT for Future NPT Regime: Challenge for Renovation of Verification in the Post DPRK Nuclear Test 2006
2008年1月 一政 祐行
(32KB)
インドとの原子力協力 核不拡散体制を維持する道は
2007年11月 小山 謹二
(24KB)
ワーキングペーパー
核兵器廃絶への道は閉ざされるのか−3
合意された米印原子力平和利用協力協定

2007年8月 小山 謹二
(69KB)
ワーキングペーパー
核兵器廃絶への道は閉ざされるのか−2
ヘンリー・ハイド米印原子力平和利用協力法の成立

2007年2月 小山 謹二
(31KB)
ワーキングペーパー
北朝鮮の核爆発実験は失敗か?成功か?
2006年10月 小山 謹二
(83KB)
ワーキングペーパー
包括的核実験禁止条約(CTBT)と検証制度について(2)
−米ソ地下核実験制限条約(TTBT)の発効に向けて

2006年9月 小山 謹二
(368KB)
Sukeyuki Ichimasa,
Japan and the International Efforts on Non-Proliferation,
CPDNP Op-Ed Working Paper (2006).
(paper presented at the International Conference hosted by the Trans European Policy Studies Association (TEPSA) “EU and Japan: the emerging challenges for the middle of the decade 2000-2010”Brussels, 27-28 November 2006)
(91KB)
核兵器廃絶への道は閉ざされるのか 米印原子力協力協定の及ぼす影響
2005年12月 小山 謹二
>>>
Sukeyuki Ichimasa,
CTBT On-Site Inspection: Protection of Confidentiality and Information Relevancy,
CPDNP Op-Ed Working Paper (2005).
(和文要旨:「CTBT現地査察 秘密情報と査察関連情報保護の在り方への一考察」 一政祐行)
(109KB)
ワーキングペーパー
CTBT発効へ向けたロードマップ
−米国の批准が他の発効要件国に及ぼす影響力の分析

2004年5月 一政 祐行
(96KB)

ここに掲載されている論文の内容や意見は、執筆者個人に属し、当センターの見解を示すものではありません。

以上のダウンロードファイルは全てPDFで提供しております。
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。