研究成果
文献紹介|研究成果

軍縮・不拡散をめぐる最近の動向

軍縮・不拡散をめぐる最近の動向(5)
文献紹介:Matake Kamiya,
"Realistic Proactivism: Japanese Attitudes toward Global Zero," in Barry M. Blechman ed., Unblocking the Road to Zero: Brazil, Japan, and Turkey, Washington, D.C.: The Henry L.Stimson Center, September 2009, pp.17-66.
(「現実主義的な積極主義:グローバル・ゼロに対する日本のアプローチ」)
(161KB)
軍縮・不拡散をめぐる最近の動向(4)
文献紹介:Paul Meyer,
“Breakthrough and Breakdown at the Conference on Disarmament:
Assessing the Prospect for an FM(C)T,” Arms Control Today, vol. 39, no. 7 (September 2009).
(「ジュネーブ軍縮会議における打開と頓挫――カットオフ条約に向けた見通しの評価」)
(105KB)
軍縮・不拡散をめぐる最近の動向(3)
文献紹介:George Perkovich,
“Extended Deterrence on the Way to a Nuclear-Free World,”
Paper commissioned by the International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament,May 2009.
(「『核兵器のない世界』への途上における拡大抑止」)
(149KB)
軍縮・不拡散をめぐる最近の動向(2)
文献紹介:William J. Perry and James R. Schlesinger et al.,
America’s Strategic Posture:The Final Report of the Congressional Commission on the Strategic Posture of the United States, Washington, D.C.: United States Institute of Peace, May 2009.
(「アメリカの戦略態勢:戦略態勢に関する米国議会委員会最終報告書」)
(136KB)
軍縮・不拡散をめぐる最近の動向(1)
文献紹介:Sharon Squassoni,
“Grading Progress on 13 Steps Toward Disarmament,” Policy Outlook(Carnegie Endowment for International Peace), May 2009.
(「核軍縮の進捗を採点する−13 項目に関する採点表の提案−」)
(170KB)

CTBTを巡る最近の動向

CTBTを巡る最近の動向(4)
文献紹介:Tibor Toth,
“Building Up the Regime for Verifying the CTBT,”
Arms Control Today, vol. 39, no. 7 (September 2009).
(「CTBT 検証体制の構築」)
(20KB)
CTBTを巡る最近の動向(3)
文献紹介: Raymond Jeanloz,
“Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty and U.S. Security,” in George P. Shultz, Steven P. Andreasen, Sidney D. Drell, and James E. Goodby (eds.), Reykjavik
Revisited: Steps Toward a World Free of Nuclear Weapons, Stanford : Hoover Institution Press, pp.369-398.
(「CTBT と米国の安全保障」)
(108KB)
CTBTを巡る最近の動向(2)
文献紹介:Jofi Joseph,
“Renew the Drive for CTBT Ratification,”
 The Washington Quarterly, vol.32, no.2 (April 2009), pp.79-90.
(「CTBT 批准の動きを刷新せよ」)
(16KB)
CTBTを巡る最近の動向(1)
文献紹介:Daryl G. Kimball,
“Prospects for U.S. Ratification of the Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty,”
 Arms Control Association.
(「米国の包括的核実験禁止条約への批准の可能性」)
(17KB)

イランの核問題

  • 要旨「イラン新保守派の興隆とその影響」
    イランの核問題への今後の国際社会の対処に関連して、イラン国内での新保守派の及ぼす影響力に着目した興味深い論文がThe Stanley Foundationから出されていますので、ご紹介いたします。
    出典:Anoush Ehteshami, "The Rise and Impact of Iran's Neocons," Policy Analysis Brief (The Stanley Foundation, April 2008).

米国のCTBTと核兵器の維持・開発計画について

海外の新聞記事紹介

  • 「軍縮よさらば」なのか?― インドは米国の「核のテント」に入った ―(The Daily Star, 2005年11月1日)
     本年7月、インドのシン首相がワシントンを訪問した際に発表されたブッシュ大統領との共同声明で、米印の原子力協力協定の締結が明らかとなった。“The Times of India”の前編集責任者であり著名なコラムニスト、そしてインドの核軍縮運動の共同創立者であるプラフル・ビッドウエイ(Praful Bidwai)氏が11月1日付けの“The Daily Star”(バングラデシュの主要紙)に“Farewell to Nuclear Disarmament ?”と題するコラムを寄稿した。ビッドウエイ氏は本コラムで、協定はインドの大きな政策転換である、これはインドが「責任ある」核兵器国になり核戦力を増強する一方で、他国の核兵器取得を阻止する核不拡散体制の強化に貢献することを意味する、インドは核不拡散強化の時流に乗り核の覇権は得るものの、今後インドが支払わなければならない代償は計り知れない、この転換は核廃絶につながる核軍縮が最重要課題であるとするネルーの貴重な遺産を捨て去るものである等、痛烈に批判している。
     次項に、“Farewell to Nuclear Disarmament ?”の全訳を紹介する。なお、原文は、http://www.thedailystar.net/2005/11/01/d51101020426.htmから入手できる。
以上のダウンロードファイルは全てPDFで提供しております。
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。